今回はベンチャー企業でマーケティングの仕事をされているYさんにお話しを伺った。

新卒で大手IT企業に入社し、個人事業主を経て現在はベンチャー企業で働くYさんが気づいた、大手とベンチャーの違いとは。

「3つの会社の経験を経て、ようやくキャリアの考え方が分かった」と語るYさんへ、就活軸の作り方を伺った。

僕は新卒で大手IT企業に入社し、エンタメ領域の企画職を経験した後、個人事業主として独立しました。

しばらく一人で仕事をしていましたが、スキルアップを目的に、現在は中小企業向けDXシステムの開発会社で働いています。

数千人の大手IT企業と15人程度のベンチャー企業、異なる規模の会社どちらも経験して感じた違いは3つ。

社内承認のスピードが違う点、仕事の範囲や裁量権が違う点、職場環境の変えやすさが違う点です。

社内承認のスピードが違う

僕が新卒入社した大手IT企業は設立間もない会社だったので、若手を抜擢する文化がありました。

しかし従業員が数千名もいると、抜擢されやすいとはいえ、当然上には上司が何人もいます。

上司ごとに違う意見を言われる事もあり、自分の企画を通すためには根回しをして、上司全員に承認してもらわなければなりません。

一方で数十名のベンチャーだと社長直下でビジネスが進むため、基本的には社長1人がOKすれば企画は進んでいきます。

その結果、大企業時代は意思決定のスピードが遅い一方で、ベンチャーだと早く行動に移す事ができました。

仕事の範囲や裁量権が違う

当然、大企業だと人数も多く、役割も細かく分担されているため、自分の仕事の範囲は最初から決められています。

良く言えば、大企業は専門性が磨くことができますし、自分の担当分野外のことは他の人が勝手に進めてくれます。

逆に中小企業は幅広い業務の経験が可能で、会社の全体像も掴めるので、ビジネスマンとしての力が付きやすいです。

悪く言えば、大企業でニッチな職種だと転職市場で評価されにくく、プライドは高いのにビジネスが分からない人になるリスクがあります。

一方、中小企業は器用貧乏になるリスクがあるので、キャリアプランを自分で描くこと、会社を見極めることがより大事でしょう。

職場環境の変えやすさが違う

大手企業は部署ごとに、雰囲気や人間関係が異なります。

そのため、もし働く環境が自分に合わなくても異動すれば、違う環境に行くことができるのです。

しかしベンチャー企業は人数が少ないので、周りの人間が合わない時に、辞めるか耐えるかの2択になってしまいます。

新卒で大手企業に入社するメリット

転職や今後の仕事において、所属していた企業のブランドで評価される事があります。

実際、転職や自己紹介のときに、大手の経歴があったことで信用してもらったり、期待してもらえたことが多々ありました。

なので、個人的には大手企業を経由して良かったと思っています。

ただ、企業ブランドに頼り過ぎることは危険です。

歳を取るにつれて会社名ではなく、スキルや経験といった中身で評価されるようになります。

企業ブランドは大きなメリットですが、「持っていたら便利なモノ程度の認識にすべきです。

優秀じゃない学生は大手へ行くべき

あとよく言われるのは、「大手から中小には行けるが、中小から大手には行けない」というやつです。

実は意外とそんなことはなく、業界や企業によっては、中小からでも入りやすい大手はたくさんあります。

ですがほとんどの場合、新卒で大手に入る方が、中小から転職で入るより簡単です。

大手に入りたいなら、優秀じゃない人ほど新卒で頑張って滑り込むことをおすすめします。

失敗から学んだ会社選びの軸

僕は新卒の会社をすぐ辞めているため、会社選びに成功したとは言えません。

キャリアを遠回りした事例として、当時は「自分のやりたいことだけ」を軸に会社を選んでいました。

しかし、自分の強みや会社との相性を全く考慮していなかったので、気持ちばかり空回りしていたように思います。

結果的に、新卒入社した会社の「全員が熱意をもって目標へ突き進む文化」が合わずにすぐ退職しました。

その後、個人事業主を経て、スキルアップのために今の会社へ入社。

「自分の得意なこと」で選んだので結果が出ましたし、給与や待遇も格段に良くなりました。なにより、働いていて楽しいです。

スキルは身についた一方で、会社の描く未来(=ビジョン)にワクワクできなくなって来ている自分もいます。

ここは今、自分自身と向き合い、今後のキャリアについて考えている最中ですね。

新卒で天職には出会えない

やりたいことで会社を選んだ僕でしたが、経験をするなかで「スキル」「ビジョン」と求めるものが変わってきました。

選んだ会社は1番良いと思ったけど働き出すと全然違う。そんな紆余曲折がありながら、正解の仕事に近づく。

僕はそんな感じですし、きっと多くの人がそうなのではないかなと思います。

正直、僕もまだ道半ばです。自分と真剣に向き合い続ければ、全員が天職に辿り就けると思ってるので、一緒に頑張りましょう!

Yさんが話している通り「新卒で天職に就く」のは困難です。

しかし少しでも早く天職に辿り着くため、自分自身と真剣に向き合うことが重要です。

就活の答え合わせ